粋な衣装を求めているなら和装の中でも半纏がおすすめ

文化

世界にはその地域によって色んな文化が存在しています。
特に食事や住居など生活に深く関わっている物は、その文化が色濃く反映されているのです。
またそれは日本においても例外ではなく、和食や書院造りなど日本独自の文化を多数挙げる事が可能だと言えます。

その中でも、普段毎日身につけている衣装は、文化の違いが色濃く表れやすいと言えます。
特に日本は、独自の衣装として浴衣や着物などの和装があり、欧州や米国では見られないような特徴や利便性を備えた衣装と言えます。

その和装の中でも、特に半纏や法被は日本を代表する和装の1つだと言う事が出来ます。
半纏は主に江戸時代に使われていた和装の1つで、有名な物に火消しの半纏を挙げる事が出来ます。火消しの半纏は、所属している組によってそれぞれ特徴があり、今で言うユニフォームのような役割を担っている衣装だと言えるのです。
また半纏は、当時識字率の低かった火消しと言う職業の人でも、すぐにどこの組かわかるような工夫がいくつもされていたのです。
その工夫の中の1つが、大紋と呼ばれる背中部分にある大きな字や紋です。字を使った場合は、基本的に1文字だけ大きく刷られている物がほとんどでした。
これは、字が読めない人でもその1文字を形状で覚える事によって、組を判別しやすくするようにだと言われています。
また、この大紋以外にも半纏には、腰柄・衿字などにもそれぞれこだわりが込められているのです。

またそれは、現在でも祭りなどの際に引き継がれており、祭りや地域を彩る衣装として現代まで伝わってきているのです。

LINK LIST

よさこい衣装をお探しならこちらの和装専門店がおすすめ。1枚からでも製作・販売に対応してくれるそうなので、気軽に相談してみてください。
お祭や文化祭などの半纏なら、こちらに依頼してみてはいかがですか?オリジナルがつくれますよ。
結婚式の際には和装 前撮りについてこちらで紹介されているので情報を集めておきましょう。